菜の花が咲いた2006

菜の花が咲いた。。。原稿募集ページへ 菜の花マラソンのホームページへ


4/13 THU 17:20
Name = 肥後っ子
都道府県 = 熊本県
MEMO =
今年初めて菜の花マラソンに参加致しました。
私は熊本に在住しておりますが私と交際しています彼のふるさとが指宿市ということで指宿にはちょくちょく遊びに行っています。
今年の正月には彼のお母さん、彼の弟二人、弟達の彼女、7人で開門岳に登山しました。
あの美しい開門岳をながめながら彼といいデートができましたのでその物語を紹介したいと思います。
 まず参加したのは彼の兄弟(彼は男三人兄弟の長男です)、一番下の弟の彼女、私の5人です。
そして彼の両親、真ん中の彼女が応援団として見守ってくれるな
か、スタート地点5人とも4時間〜5時間の所から無事にスタートすることができました。 
スタート地点は人が多過ぎてすぐ5人はバラバラになり、彼と二人で緊張感をほぐすため会話しながらにぎやかに走っていました。
この時私はどんな最終回を迎えることになるか知りもせずただただ彼と笑顔で・・・。
 最初の大きな交差点の近くになると何か聞こえてきました。二人で『何の音だろうと!?』話しているとだんだん音が大きくなって何の音か次第に分かってきました。
何と道のすぐ横にたった一人でドラムをたたいている人がいたのです。
走っている人がみんな見ていたのですごく恥ずかしかっただろうにその人は一生懸命演奏していました。
その姿はどんなきれいな広いステージでドラムをたたいいるバンドの人よりも男らしさを一番表現できるステージだったのではないでしょうか。すごくかっこ良かったです。
 ドラムの音が次第に聞こえなくなっていくと次第に上り坂になりました。初めてそこで少し歩きました。
しかし、歩いていると沿道で一生懸命応援している方々に何だか申し訳ない気持ちになり、走りました。
皆さんは見ず知らずの人に大きな声で『頑張って!』と言えますか? 私はほとんどできないに近いと思います。
 よくマラソン選手が優勝した時にインタビューで『沿道のみなさんが一生懸命応援して下さったおかげで・・・』と言っていますがあの本当の意味を体で感じました。
小さな子供からお年寄りの方、赤ちゃんはお母さんに抱かれて、足が不自由な方は車椅子から、家から出れない人は二回の窓から手を振って下さったり、今でも昨日のことのように思い出します。そしてしばらく行くと一回目の給水ポイントがあり、彼はちょっと先に走って二つコップをとり私に渡してくれました。
あら!ありがとうとは言ったものの心の中では「たまに優しいんだよね」ぐらいしか思っておらず、彼には申し訳ありませんがほとんど心のこもったありがとうではありませんでした。
そして走ったり、歩いたりを繰り返していると美しい池田湖が見えてきました。ここでちょっと私の中で小さな事件が起きたのです。
 スタートする前に彼の両親が『池田湖で待っているからねっ』と私達5人に言ってくれましたので私は池田湖に着くのが楽しみで楽しみでしょうがなかったのです。
ところが池田湖に着き、周辺どこ探しても彼の両親が見当たりません!ちょっと心配になりポケットに携帯を持っていた彼がお父さんに電話をかけてみました。
すると、一時間ちょっと前に次男が来たけどしばらく誰も来なかったから先に行ったとのこと。楽しみにしてた分ショックで私だけちょっとイライラしてしまいました。
仕方なく休憩もせず走って行くと池田湖が見えなくなりそうな所で私はTシャツ(参加賞)で走っていた為、少し寒くなりました。
そこで彼に上着てるの貨してくれる?と聞いたら返事は『俺もこれ脱いだら寒いから』…と。
ただの私のわがままだったんですがちょっとカチンときてそこからは一体、何に対して怒っているのか私にも分からなかったぐらい頭にきてました。
もう我慢できないぐらいになり私はそばにいる彼に八つ当たりをしてしまいました。どれぐらい愚痴を言ったでしょうか…、軽く二時間ぐらいはずっと言ってたと思います。
彼は文句一つ言わず黙って聞いていました。寒さがピークになり結局、山川で待っていたお父さんに電話してジャンバーを持って来てもらいました。
お父さんはすごく心配して『もう止めるか?』と言いましたが『大丈夫』と答えました。
その時、すでに次男とは二時間以上、三男とは一時間以上の遅れでした。
 あまりにも遅かったのであっちこっち給水ポイントやサービスポイントの片付けが終わってバナナの皮や、豚汁の食べた後が所々に落ちていました。
何かお腹も空いて元気がなくほとんど歩いていると前方から見たことのある車がゆっくりと走ってきて私達の手前で止まりました。車から降りたのはお父さんとお母さんでした。
お母さんがおにぎりをお父さんがおかずを作ったみたいでわざわざ持って来てくれたんです。
お父さんの作った玉子焼きはきっと『早く持って行かなくては息子達がお腹減って辛いだろう』と思いながら焼いたんでしょう少し形が崩れていました。
でも味はバツグン! また元気を出して進みました。30キロ地点を過ぎると選手救護車が次々と声をかけてきて、乗る人もいれば断っている人もいてさまざまでした。
私と彼は、まだ全然元気なので大丈夫です!と伝える為、救護車が近づくと笑顔で元気よく走り出したりしてました。
山川駅を過ぎた所で先にゴールした次男と彼女がおにぎりを持って来てくれました。
その時はもう辺りはうす暗くなって、足は棒になり体は冷え込んで彼との会話もほとんどなく精神的にも体力的にももう限界でした。
自分の気持ちが弱過ぎて初めて涙があふれてきました。
それでも彼はすごく励ましてくれて、足が痛いと言うとおんぶしてくれたり、寒いというと俺のジャンバーの方が暖かいよ!と交換してくれたりしました。
白水館が近づくと彼の両親が真っ暗の中彼と私を見つけてくれてすごく暖かそうなジャンバーを二枚も三枚も走りながら持って来ました。
その時は嬉しい気持ちより不安な気持ちの方が大きかったです。ゴールまで体が持つか不安で…。
そしてグランドに向かってゆっくり歩きました。(彼の父も一緒に)グランドに着くと菜の花咲かせ隊の大きな励ましの声が鳴り響いていました。
 そして彼とゴール・・・タイムは10時間44分。      
情けないですが最後の最後まで歩くことしかできませんでした。彼の両親も兄弟もみんなで向かえてもらい本当にありがたい経験をしました。
自分の力だけでは生きていけないことを実感しました。また、来年も参加させて頂きますので宜しくお願い致します。
私の下らない物語を最後まで読んで下さってありがとうございました。

性別 = 女性
年齢 = 27
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ない
参加回数 =
関係は = 走った


3/03 FRI 14:33
Name = 櫻木準一
email = sakuragi@keps.co.jp
都道府県 = 0
MEMO =
今まで生きてきた私の人生を初期値に戻すいいきっかけとなった「いぶすき菜の花マラソン」の感想記(完走記)を掲載しました。
脈絡のない長い文章ですがお付き合い戴ければ幸甚です。尚、途中四角形で抜けていますところは写真を貼っていますが、ここでは外しています。

 “薩摩の人情と初めての42.195km“   福岡県 櫻木 準一 53歳
  
新年早々遠出する1月7日は、前日からあいにくの雪模様。予定より1時間出発を早め、「走菌」に犯されてしまったマラソン仲間6人と戸畑を出発することAM6:30。
鹿児島の地に向うのはこれで5回目。今までの4回は、何故か全て暑い々々、夏真っ盛りの季節であった。今回は全く正反対の冬季に訪れることになった。
向うは同じ九州に住みながら年中南国情緒と勝手に思っている九州南端の地、砂風呂で有名な温泉街、指宿の町である。
既に25回目を数える栄えある「いぶすき菜の花フルマラソン」に参加するためだ。
昨年9月、大分県国東マラニック50Kmに挑戦し完踏できたが、やはり42.195kmフルマラソンへの初めてのエントリーは走る前から緊張感が走る。
その緊張感を和らげる名目で鹿児島県に到着後即「島津斉彬の別宅で有名な磯庭園内にある反射炉見学」「伊集院にお住まいの薩摩焼宗家第14代沈壽官先生を訪問」「知覧の歴史を勉強」と旅のもう一つの楽しみである近代史に関係する道草も忘れない。
指宿の町に到着したころには既に日も没んでいたが、街灯に照らされた菜の花は黄金色に輝き、処狭しと街中に咲き乱れていた。
フルマラソン約・u刋タ臼・旭人、全体で14000人の強脚揃いのランナーたちが全国各地から集まる大会。広く全国のランナーから最も愛されている市民マラソンの大会であることが、明日の準備で街中をジョギングしたり、歩く人並みからも伺える。
 8日(日)早朝7:00、ホテルを出発、日の出を拝みながらスタート地点に向う。今日のコンデイションを大きく左右する昨夜の睡眠は3時間+?。
正直、子供の頃の遠足の前夜の気持ちと同じ。それでも脳へのアドレナリン噴出のためか、何故か?気持ちは高揚し、足は軽い。
天候は昨日の降雪(山間は積雪あり)が嘘のような晴天。太平洋からの南風と東シナ海からの西風の二方向からの風が頬をつたい、顔の前で交わるのが心地よい。
幼い頃に初めてのことに挑戦する時に感じるわくわくした嬉しい気持ちと息苦しい気持ちが交わり、何とも言えない不安感が漂う複雑な気持ち。
先ほど飲んだ水も喉を潤すには足らず、唇が乾く。スタート前の胸のときめきの感触が堪らない。
ラグビーで例えたら試合開始前のミーテイングの時、そしてキックオフの笛が鳴る直前の感触とよく似ている。
道路幅15mほどのスタート地点、長さは300mほどか?。溢れるほどに老若男女が交じり合い自己申告の所要時間毎にスタート位置につく。
北九州のマラソン仲間とは何処かで逸れ、ここにはもう一人しかいないことに気付く。頼れるものは自分ひとり。
スタート時刻9:00前10秒の秒・uト匹潦・蓮・錺・錺・肇疋D疋C・せ・舛いぁL槁犬錬胸・峺紊砲海涼呂北瓩襪海箸鯡椹悗靴董△気◆▲好拭璽箸澄・泪好灰澆離悒螢灰廛拭爾・絛・鯒茲里茲?鉾瑤屐・魁?押?院?亜▲僉璽鵝・・w)w)w)                                  
「8854」黄色のゼッケンを前後につけたランナーが走り出す。私の登録番号である。
スタートラインを跨ぐのは、スタートのピストル音が聞こえてから2分が経っていた。
さあ、42.195kmドラマの始まりだ。
どんなことが起こるか? 毎日新聞の朝刊の今日の運勢で3月生まれは「新たな友達に出会う」とあったことをふと思い出す。楽しみだ。心躍る。最初はゆっくりとしたペース。
沿道には、花屋のお姉さん、床屋のお母さん、コンビニの店主、酒屋の親父、商店街の皆さんが仕事を一次中断しての声援の渦。
片側二車線の道路全面でランナーが溢れかえる。先を急ぐランナーは、沿道の応援者を掻き分け歩道に上がって走り出す。先が永いことは分かっているので、慌てず、騒がず、冷静に走り始める自分がそこにいる不思議な感覚を覚えた。スタートして5分ぐらい経っただろうか? JR指宿枕崎線をオーバーブリッジしている陸橋に差し掛かる。黒いジープにのった地元のテレビ局とおぼしき3人の男たちがカメラを向ける。手を振る自分。ハイテンションになっている。丁度陸橋の頂点に差し掛かった時見えたもの。それは前を見ても後ろを見ても白・赤・青のカラフルなシャツを着たランナーの帯。凄い行列だ。さながら走るカーニバルか? お祭りのときの舞踊行進のようにも見える。
 5km、30分ぐらい走っただろうか? ふと前を見ると真赤なジャージの背中に産業医大陸上部の文字。北九州市折尾にある産業医大の女子陸上部のメンバー2人。
普通だと恥ずかしくて女学生などに声一つ掛けることができない自分であるが、何故か、素直にあいさつする。「北九州市からですか?」 と分かりきったことを聞く。 
昨年の夏休み、陸上部の皆さんは同大のグランドで24時間のリレーマラソンをしていたでしょ??と尋ねる。どうしてそんなこと知っているのですか? 
奇怪な二つの顔。その時に、同じグランドで併行して産業医大vs久留米医大がラグビーの試合を していましたね。そのときのレフリーが私です。ヘーそうなんですか?と他愛のない返事。いつのまにか横を走っていたつもりが、彼女らが少しスピードを上げたのか? 前に出て離れて行く。
嫌われたかな?? そうこうしている内に7.5kmの最初のエイドステーションに到着。最初の友達には敬遠され、占いは外れたが、ランニングの調子は上々。
水分補給にも丁度いいタイミングだ。エイドステーションでのご馳走は、3pサイズに切ったサツマイモとバナナそしてドァw)螢鵐・醗羝与紂∪茲困魯疋螢鵐・鮟衙召垢襪海醗貲奸・唆醗綢腓糧狃・・呂發?瓩・砲呂い覆ぁ・気・い鮗茲蠶召靴董・戮犂屬發覆・・蟷呂瓩襦1萋擦砲蓮△、个△舛磴鵝△、犬い舛磴鵝∪屬舛磴鵑發い襦・澆鵑聞イ]ー蠅雰舛留・腓・いぁ・、發舛磴凌愨生櫃韮械械掲鏤劼鮹,・、个△舛磴鵝1親芦颪留・腓澆燭い房蠅棒陲鮖・繊∧海─・侫譟次、閥・屬、犬い舛磴鵝・匹留・腓・蕕盡亀い鯡磴?・・w)元気が沸いてくる。

200m単位で上り坂、下り坂が繰り返される5km〜10km。スタートから10km地点が本コースで最も高い100mの高度であることを大会プログラムで見たことを思い出す。
もうそろそろ10km地点だ。最後と思う上り坂は幾度も続く。まだ10kmに到着しないところで登りきり、また下る。また登る。そして下る。
やっと10km地点が見えてきた。給水のためのエイドステーションもある。もう一息だ。10kmラップ1時間10分(時速8.6km/h、マラソンランナーの約半分の速度)。
この幾度の連ねる上り坂、下り坂の条件下でこの時間は、私にとって上出来中の上出来。(日ごろの平坦なコースでの練習では10kmは1時間15分は掛かっている)沿道の応援のお陰と心の中で感謝する。10kmを過ぎ、左に大きくカーブを切ると静かな池田湖が眼下に広がる。以前、湖に生息する古代怪獣「イッシー」で世間を騒がした池田湖である。その向こうには薩摩富士こと開聞岳が気品高く鎮座している。本当に綺麗な姿だ。10km以上走ってきた疲労感もこの景色で払拭した気分になる。池田湖に群生する天然記念物のオオウナギを見に訪れた観光客も例外なく沿道に出て応援してくれる。頑張れ!ガンバレ!とハイタッチをしたのは小学生。向かい風の中でチビッ子から元気を貰った。池田湖周辺のおよそ1/4周を周ると、15km地点。まだまだ開聞岳麓までは5kmはあることをウエストバッグの中に入れておいた地図で確認する。まだまだ半分も行っていないことに気付く。このくらいまでは日常の練習でも経験ずみ。親から授かった臓w)膸・糞咾盧・里箸海蹐枠疚弔鮠紊欧討い覆ぁ・佞筏い鼎・髪萋擦虜険?糧、砲蓮∈擇硫屬・莇垢靴箸・辰靴蟶蕕W悗辰討い拭・泙醒訌阿世・發・困辰紳斥曚・・屬咾蕕妨・鮖源犬塙澆蠱蹐亜2・發傍韻・擇硫屬留燹K榲・鉾・靴じ・覆澄N笋燭じ・・ど・發海竜韻C巴箸・・兇犬弔帖∈顕・鮓・襪罰姐颪凌諭2そ・・虱茲燭里・・修譴箸睚胴颪凌佑・・。・・蒹鱚゜鱚阨蓚F^ いつのまにか発していた。平常だと少し躊躇するところだが、15kmも走るとその羞恥心も汗と共に拭いさられ、素直な自分がそこにいた。Iam from United State America.フーム、米国の人か。彼の名は、Jeff-Carlson(27歳)。鹿児島市内で英会話を教えている先生だった。走りながらの英会話教室が始まった。走りながら、英語で考えて英語でコミュニケーションしている不思議な感覚。初めての経験である。菜の花マラソンは4回目の経験らしい。もうすぐ奥様が沿道で応援に来ているからカッコよく走らねばとp4
も言っていた。30分くらい下手な英会話に集中したお陰で疲労感も感じることなく、開聞岳に向ってひたすら走る。上りの坂道も二人のリズムが合って気持ちよく走る。
20km地点のエイドステーションに到着(2時間16分経過、この10kmラップは1時間06分、時速9.1km/hと英会話教室の効果が早速現れた)。ボランテイアサポーターがこしらえてくれた黒豚肉が沢山入った豚汁を並んで受け取り、立ったまま戴く。本当に美味しい。汁の暖かさが心底染みわたる。ありがたい。さあ、フルマラソン中間点までもう一息。1時間前は、遠く遥か向こうに見えていた開聞岳は、もう右後ろの位置に鎮座していた。 

 フーウウウウ、ハッ!ハッ! 今まで聞いたことがないかけ声が後ろから聞こえてくる。
フッと右後を見ると7、8名くらいの中年・壮年の男女が列をなして追い上げてきた。
真っ赤なランシャツを着た壮年の男性、菜の花と同じ黄色のランパンを履いた女性、賑やかな集団だ。よく見ると韓国旗が印刷されたランシャツを着ている男性がいた。アー、韓国から参加している皆さんなんだ。ここでも国際色豊かな菜の花マラソンを感じる。皆さんすこぶる元気がい。まったく列を乱さない二列縦隊。先頭で力強く集団をリードしているリーダーの表情は、全員の完走を率いる責任のためか厳しい。しかし、後につづく中年の女性たち(後で参加選手の名簿を見たら韓国から参加されている50代の方が3人いた)は、笑顔を絶やさず楽しく走っている。この列をなした状態で終点まで一緒にいくのであろうか? 上り坂に入る時、声はさらに大きくなる。 中間点近くまできて少しスタミナに不安も出てきたところなので、Huuuu,、Ha!Ha! と一緒に声を出してみた。最初のフーーーは、走っているときに大事な息を長く吐くためのスキルと直ぐに感じ取った。短いハッハッは、上り坂を上る時に腹筋に力を入れランニング姿勢が崩れないようにしているためか? (私のマラソンの師匠から教わったことの一つに、「走る時の呼吸法のポイントは息を吐くことにある。吸うことは意識しない方がよい.」ということを思い出した。)なかなか調子がいい。リズムもいい。その列の真ん中辺りで走っている女性の横に並走しながら一緒に声を出しはじめたためか、にっこり笑いながらキャンデイー2個を手渡された。突然のことでビックリしたが、ここはご好意に甘えて気持ちよく笑顔で受け取る。元気漲るかけ声とキャンデイーのお陰をもってスタミナの不安もどこかに行ってしまった。このかけ声は今回のマラソンでも、これからの日々の鍛練でも十分に使えると確信した。何十分ぐらい韓国の素晴らしいランナーたちと走っただろうか? 緩やかな上りの坂道をマイペースで走りつつ、ふと見上げると中間地点の標識が目前。一気に通過した。よくフルマラソンは人生の道のりに例えられる。走り続けている状態は、それまで走ってきた距離を2倍した数字の年齢のときの状態とよく似ているそうだ。さながら中間点の21.0975kmは人生の中での年齢の通過人生で言えば42歳近辺。42歳といえば仕事・家族・体力・遊び全て亘って元気を旗頭にして極めて充実していた時期である。先は長い。今日のマラソンでもまだまだ体力も気力も十分に残っているはずであることを自分に言い聞かせながらの通過点だった。 

  23km付近の開門温泉付近だろうか?反対車線の方から声をかける人がいる。チーム河野(北九州の走菌に犯されたランナーの仲間たちで構成)のメンバーで今回唯一サポーターとして同行していただいた池松先輩だ。「遅かったねー」「大丈夫?」が第一声。自分としては自分なりに結構調子よく走り、計画より早めのラップだったので何故そのようなことを言うのだろうと不思議に思ったが、単純に他のチーム河野の仲間が随分先に通過したのでそう言ったのだろうと身勝手な浅知恵で解釈した。(後で思い起こしたのだがチーム河野の仲間5人を一人でサポートするのは至難の業、ターイヘン!!、今か今かと多くのランナーの中、既に先に通過した他の仲間もサポートせねばならない。そのような焦りの中で私を見逃してはいないかと心配して、待ちに待っていたのだ。心より深謝しなければならないのに・・。自己中心な自分が見える) 池松先輩と会えれば着替えをすることを計画していたので、早速、池松車の横で上着全部を着替えた。びしょびしょだ。これだけ水分がでれば体重も減っているだろうなと他愛のないことを考えながら着替えを急ぐ。戸畑で営業しているスナック「恵成」のママ、片山さんがいつもマラソンの時に拵えてくれる特性の蜂蜜レモンも頂戴した。片山ママの心のこもった栄養源だ。ありがたい。元気百倍だ。さあ、次は30kmに向けて再出発だ。
25km地点付近だろうか? 大会運営の関係者と思しき数人の人が、千番代の数字を大きな声で叫んでいる。5298、5299、5300と叫んでいる。ああ、ランナーの順位か!。フルマラソンは、およそ11000人の参加数だったので真ん中より少し前であることが分かった。よし、予想より上位だ。上出来だ。正直言って嬉しい。右後方を振り向くと薩摩半島の南端、長崎鼻が見える。菜の花も東シナ海の風と太平洋の風、2種類の風を受けて輝き揺れている。頑張れ! がんばれ! ガンバレ! と菜の花と緑黄野菜が風の音に紛れて励ましてくれる。エイドステーションの人だかりが見えてきた。立ち止まり一杯の紙コップを受け取る。暖かいスープだ。ソラマメスープだ。初めて味わう味だ。美味しい。スープも美味しいがソラマメが数個入っておりその食感が何とも言えない味わいだ。直ぐ横の畑に植えている緑黄野菜がそのソラマメの葉であることにはじめて気付く。スープは熱かったが二杯飲む。このエイドで美味しいスープに釣られ少し休んだ。今回最初の全身のストレッチもやった。27.5km付近の上り坂はこのソラマメと若干の休憩のお陰でなんとかクリアできた。さあ、30kmラップはどのくらいだろうか? 30km通過。3時間46分、20〜30Kmの10kmラップは1時間30分(平均時速で6.7kmまで落ちた)だった。歩く早さに少しだけ勝った速さ。先日3号線の黒崎付近を走っている私の姿を次女が見つけ、帰宅後「お父さん黒崎を歩いていたね」と言われたときと同じくらいの速さだろう。生まれながらの悪い食い意地が出てしまい、薩摩のソラマメ休憩が長くなった影響も出た。肉体的には限界に近づきつつあることは少し感じつつも、まだまだ心は元気だ。

 30kmを過ぎると緩やかな下り坂となった。眼下に小さな漁村が見えてきた。山川港だ。漁村を数多く知っているわけではないが、何か懐かしく思える雰囲気が漂う村だ。この村の沿道でも大勢のおじいちゃん、おばあちゃん、子供たちが手を振り応援してくれる。下り坂を降りてきた精か、膝がガクガクしてきた。「歩きたい」「立ち止まりたい」と心の中の弱虫が叫。その心の中で元気な虫が弱虫を蠅のように取り払う。頑張れ!さあ、イモがあるよ、バナナがあるよ、と村の応援サポーターが声を掛ける。山川村のエイドで3cm角のイモを一つ、切りにしたバナナを一つ、スポーツドリンクを一杯戴いた。エイドのお陰で弱虫を取り払い元気を取り戻せた。何気なく前を見ると15km地点で伴走したあの英会話の先生。Mr.Jef‐Carlsonだ。歩いていた。23km地点で着替えていた時に先に行っていたのだ。追いついた。ここで一緒に歩くわけにはいかない。Excuse me for going。(お先します)と何とか意地を張って頑張ってみたもののまた弱虫がブンブン蠅のように心の中を飛び始めた。厄介な蠅だ。向こうに行って欲しい。
  35km通過。(4時間35分、この5kmのラップは49分。時速6.1km/hとだいぶ遅れた。) 元気で強気の虫は何処にいった。と疲れた心の中で自分捜しをする。気を紛らわすために右手を見れば小さな造船所の作業現場が見える。こんなところに造船所とは珍しい。と走ることから気が外れたときの一瞬の気の緩みからかついに歩いてしまった。残念!! 完走がなくなった瞬間だ。自分の意志を見失った瞬間だ。それに気付くのにそう時間はかからなかった。よし、夏の真っ盛りに長距離練習したときに試みた制限時間付きの歩行でいこう。と気持ちを切り替え5分だけ歩くことにした。造船所を過ぎると右に大きく湾曲したコースの左側にJR山川駅、右手の向こう側にはあの恐怖の37km地点までつづく急な登り坂が待ち受けている。5分経ったのにまだ走り出さない。出せない。おい、どうした、早く走り始めろよ!! またあの急坂でも歩くんだろうと自問自答する。今度は、Mr.Jeffが追い越してきた。二言三言話して先にいくMr.Jeff。よし、あの急坂の上り口まで走ろう。彼に簡単に負けるわけにはいかない。先のことに余り自信はないが意地を張る。虚勢の代表だ。走り始めるが気持ちはドンドン落ち込んでいくのが分かる。急な坂の始まり地点36kmまできた。みんな歩いている。走っている人の方が少ないくらいだ。ここで歩く実力しかもたない自分も含め人達が位置する順番はどのくらいだろうか? 曲がった釘のような足首。棒のようになった膝、曲げたままの姿勢で固まった腰、走ることをやめた弱虫だらけの心。きつい。しんどい。二度目の歩きの再開だ。急坂でもサポーターが並んで応援してくれている。有難いが歩いているので声援に応えるために手を振るのも気が引ける。歩いているくせに順番を気にするなんか厚かましいにもほどがある。恥ずかしいぜ!。と強い虫が叫んだ。何処かに置き忘れてきた強い虫が戻ってきたのだ。頂上まであと200mぐらい。あと少しと思いきや左に曲がって又もや上り坂はつづく。アッ! 20m先にMr.Jeffの後ろ姿がランナーの影から外れ見えた。よし、やっと上り坂の頂上も越えた。走り始める。37km地点ぐらいだ。あと残り5km余り、僅かだ。先ずは、少しピッチを上げてMr.Jeff に追いつこう。やっと追いついたところでYah! 無駄口は叩かない。
今はゴールまで走り抜くことだけを考えよう。   

  指宿の温泉街に入ってきた。残す距離は僅か5kmじゃないか。毎朝、朝食前に走っている距離よりも短い。肉体的にも精神的もに相当まいっている状態だが、まだまだ走れる。
何とかゴールはできそうである。6時間内ならハワイホノルルマラソンにご招待される権利(くじ引きで2名選出)があることを思い出した。只今の経過時間4時間51分。6時間以内にはゴールできそうだ。ゴールのことを考えていたら不思議に元気が沸いてきた。Mr.Jeffとの併走は続く。おまわりさんが交通整理をし始めている。右の歩道に上がったり、左の歩道に上がったり、スタートして約5時間を過ぎ(午後14時)、マラソンで片側道路を占有していた規制を解消しているのに気づく。街中にあるJRの踏み切りも列車通過と遭遇せず無事通過。サポーターも応援者も街中に入って増えてきた。サポーターとの距離も今までとは違い近い。戸畑区の鞘ケ谷グランドで16年間、ちびっ子にラグビーを教えてきた、その小学5年生の子供たちと同じくらいだろうか? チビッ子たちとの連続ハイタッチがまた始まった。元気を貰う。また、元気を貰う。ありがとう。本当にありがとう。薩摩の皆さんのお陰でここまで頑張って来れました。2kmぐらい併走しただろうか?Mr.Jeffがラストスパートをかけスピードを上げだした。ついていけない。ドンドン離れていくが、ここは我慢。もうここまできたら最後まで走り抜くことに集中しよう。街中の菜の花があせる心(あせっても速くは走れませんが)を癒してくれる。40kmは通過したはずなのに中々ゴールの競技場が見えてこない。そうだ、指宿の街は縦に長かかったことを思い出した。14時以前にゴールすれば車道を走れるが、それを過ぎればランナー同士が肩を触れるほどの狭い歩道を走らねばならない。前の人の踵を踏みそうにもなる。赤信号で待たされる。少し休めるのでほっとする自分。自分ネックで休んでいる訳ではないと弱い者が人の精にするようなことを考える自分を恥じる。自ずと走るスピードには緩急の変化も強いられる。まだか、まだまだかと最後の1kmが遠い。右前方に昨晩宿泊したホテルが見えてきた。よし、もう少しだ。ここまで走ってきた42.195kmがあとわずか500mで終わりかと思うと少しもったいない気もする。競技場が見えてきた。ゴールの市営陸上競技場の手前で多段の応援席でサポーターが待ち受け、ゴールまで到着真近いランナー全員に暖かい声援と拍手の渦。嬉しい気持ちで一杯だ。右に迂回して、さあ、いよいよ競技場入りだ。競技場入り口のゲートをくぐろうとしたときだ。群衆の中から「櫻木ちゃん頑張って、ラストスパートだ」。という自分の名前を大きな声で呼んでくれた人がいた。誰とも確認はできなかったが八幡製鐵所の人に違いないことは感じた。よし、ラストスパートだ。前に5人以上いる。よし最後の力を振り絞って追い抜こう。菜の花を植えたプランターで拵えたラストスパートレーンがいくつもあり、その真ん中を走りぬけた。ゴール!!。直ぐさま振り向き、今まで走ってきた道に一礼の深謝。42.195初フルマラソンへの挑戦が終わった瞬間だ。

 5時間34分18秒(最後の7.195kmのラップは59分.時速7.3km/h)全体で11495人中4805位(50歳代では1366人中875位)だった。コンデイションは、身長171cm、体重90kg、血圧125/75、足首・膝・腰など肉体的な故障なし。天候は晴れ、気温11.5℃、湿度35%、風向き南西、風速1.6mという抜群の気象条件の中での記録である。フルマラソン初挑戦の舞台となった「いぶすき菜の花マラソン」は、薩摩の人達の温かい人情が集まったクラスター(葡萄の房)であった。それは、今まで生きてきた私の人生を初期値に戻すきっかけとなり、生まれ代わったような爽快な気分を貰った。来年もこの素晴らしい大会に出走し、あのキャンデイーを渡してくれた韓国の女性にお礼を言わねばならない。また、Mr.Jeff とも再度併走し今度は一緒にゴールしたいものだ。何はともあれ一番の目標は完走だ。来年に向けた熱い思いは絶えない。それを実現するためにも練習に励み、日々明るく精進していきたいものである。                  −おわりー

感想追記;
 脈絡のない物語、そして乱文極まりない作文にお付き合いいただき、重ねて深く感謝申し上げます。ランニングは、極めて単純明解なスポーツですが、長時間・長距離を走ることで喜びと苦しみでゆらぎます心の動きまで加えますと大変奥深いスポーツです。 高齢になってから長距離を始めたランナーも全国にはたくさんいることも知りました。次の挑戦は、5月の連休に開催されます「山口萩往還」で140kmに挑戦します。私たちの仲間は、この大会で例年250kmに挑戦しています。今年も5月2日夕刻、山口県庁前の瑠璃光寺から出発します。春の輝く山々に抱かれた山口の観光に合わせ、冷やかしついでに走菌に犯されたメンバーたちの応援に足をお運びいただければ幸甚です。

性別 = 男性
年齢 = 53
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 1
関係は = 走った


2/21 TUE 13:38
Name = 大分かさぶたを取る会
都道府県 = 大分県
MEMO =
大会関係者並びにボランテァの方々大変お疲れ様でした。寒い中沿道にて応援頂き有難うございました。一年の目標が新年明けて二週間足らずで終わってしまうので二月を過ぎようとしているこの時期でも未だにシューズに足を通していないまるで空気の抜けた風船状態...毎回山川駅からの長い坂あそこでウォークの部になってしまうので勝手な提案ですがあの区間だけで結構ですのでリフトを付けて頂けないか...と。海からの風も世間のかぜも身に沁みる今日この頃です。甘いものの苦手な私が飴にチョコレート締めが[おしるこ]と一年の甘味摂取量をオーバーしてしまう程の暖かいおもてなしにいつも感激しています焼酎に黒豚に鹿児島に乾杯!来年もみなさんの素敵な笑顔に会いに行きます

性別 = 男性
年齢 = 53
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 8
関係は = 走った


1/25 WED 17:34
Name = クロスケ
都道府県 = 福岡県
MEMO = 千葉県から昨年6月に福岡市に単身赴任してきました。よく関東地方のニュースで一月の「指宿菜の花マラソン」が放映されていましたので、是非出場したくて初めて参加することが出来ました。思ったよりコースがタフで、練習不足の身にかなりこたえました。きつかったの一言です。コースは、素晴らしくて「池田湖」の湖面が太陽にキラキラと輝き、開聞岳の勇姿を見た瞬間は感動!ボランティアも含めた沿道のエイドステーションは、何より励みになりその応援に後押しされ棄権せず完走できた細大の要因でした。ゴール後の暖かいもてなしや温泉と本当に素晴らしいひと時を過ごすことができました。来年は、地元鹿児島にある会社仲間とチームを組んで参加したいと思います。
性別 = 男性
年齢 = 51
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 1
関係は = 走った


1/22 SUN 00:04
Name = タカ
都道府県 = 鹿児島県
MEMO =
二度と走らない・・・初参加の2000年大会で20キロ地点でリタイアした自分はそう思いました。もともと運動は好きでしたが長距離だけは苦手で、学生の頃の持久走大会ではいつも順位は後ろの方でした。
そんな自分が今年でもう6年連続の出場、初参加リタイヤ以降は完走してます。
走りながら毎年考えます、「何故走ってるのか?」
25キロ過ぎて足が痛くなると、絶対来年は走らない・・・って思います。
でもまた来年も参加してることでしょう、きっと菜の花マラソンは自分にとっての元日なんです、ゴールしてから新年が始まる・・・きっとそんな感じです。
それと30キロ手前のぜんざいは最高です、世界で一番美味しいぜんざいです、それ食べないと1年が始まらない・・・
また来年も宜しくお願いします。

性別 = 男性
年齢 = 35
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 6
関係は = 走った


1/15 SUN 22:44
Name = とも
都道府県 = 大阪府
MEMO =  初めての参加でした。まわりからは完走できないだろと言われつずけてましたが五時間で完走できました。
これから毎年参加しようと思います。ボランティア、応援してくださったみなさんありがとうございます。
性別 = 男性
年齢 = 29
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 1
関係は = 走った


1/15 SUN 20:40
Name = かみかみ
email = kami-s@po3.synapse.ne.jp
都道府県 = 鹿児島県
MEMO =
指宿に感謝!息子に感謝!・・・一年前の菜の花、怪我で途中棄権を覚悟で参加したのを
思い出す、もう来年はフルは辞めようと、涙してた自分が懐かしい。
それからは楽しく走ろうと・・・。。
夏が来ると怪我のことも忘れ、また菜の花が恋しく、
走るのにも熱が入った、 よしっ、またエントリーするぞー!
それとなく声をかけた息子が一緒に参加することになった、
この上ない喜びが またジョギングにも奮い立たせたのだった。
おかげで目標の4時間を5年がかりで切ることができた。
息子よありがとう〜 いぶすき ありがとう〜
これでまた来年の目標ができたよ。

性別 = 男性
年齢 = 52
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 5
関係は = 走った


1/15 SUN 19:47
Name = 来年はきっと、愛する人と。
都道府県 = 鹿児島県
MEMO =
菜の花マラソン 関係者/ボランティアの皆様へ
私は過去7回参加させてもらっておりますが、ボランティアの皆様本当にありがとうございます。皆様の声援でゴールできました。
今回投稿したのは、参加者のマナーの悪さです。一市民ランナーとして言いたい!2.5kmおきの給水ポイント本当にありがたいです。
その給水ポイントで飲み終わった紙コップやみかんバナナの皮等なぜ回収箱に入れることができないのでしょう?非常にさびしいことです。
道や周辺に散乱したそれらを回収するボランティアの皆様には頭が下がります。
1秒を争って走っているランナーならまだしも。いい加減にして欲しいです。
道に捨てることなくきれいな道を来年、走りたいものです。
来年もお会いできることを楽しみにしております。

 一市民ランナー

性別 = 男性
年齢 = 35
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 7
関係は = 走った


1/15 SUN 19:32
Name = ジーコジャパン
都道府県 = 鹿児島県
MEMO =
ボランティアの皆さんの暖かいサポートと絶好の天候に恵まれ、マラソン参加11回目で初めて自己新(三時間三十四分五十九秒)の三時間三十分台を記録できました。
那覇、田沢湖(秋田湖)、九頭竜川(福井)、金沢(石川)といろいろなコースを走りましたがはっきり言ってアップダウンは一番キツイです。
それでも難コースを補って余りある景観ともてなしが魅力的な素敵なコースですね。
鹿児島がは仮住まいの身なのでいつまで参加できるかわかりませんがこれからも走りたいコースです。
最後にひとつ注文です。冷水浴が出来る施設はどこか近くにないのでしょうか?わからなかったので塩を吹いた体で鹿児島中央まで行ってしまいました。
皆さんに迷惑掛けたかもしれません。
性別 = 男性
年齢 = 48
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 2
関係は = 走った


1/13 FRI 16:03
Name = RUN RUN TOKURIN
都道府県 = 長崎県
MEMO =
菜の花マラソン完走しました。今大会はいつに無く絶好の天候に恵まれ、気持ちよく走ることができました。
しかしながら、前回からの新コースには今回も泣かされることとなりました。
山川港までのUP,DOWNはかなりのきつさでありました。
練習に坂対策をしっかり取り入れ来年はバテないよう頑張ろうと思います。
大会実行委員をはじめ支援等してくださった皆様ありがとうございました。
来年も宜しくお願い致します。

性別 = 男性
年齢 = 40
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 10
関係は = 走った


1/12 THU 23:57
Name = もじっこ
都道府県 = 福岡県
MEMO =
10回目の「いぶすき菜の花」を無事に完走しました。
10年分の思いを込めて、これだけは言わさせていただきます!
俺は「いぶすき菜の花」が大好きだぁ!
「いぶすき菜の花」を一緒に走る1万を超す仲間も大好きだぁ!!
そして元気をくれる地元いぶすきの皆さんはもっと大好きだぁ!!!
悪いか???

性別 = 男性
年齢 = 36
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 10
関係は = 走った


1/12 THU 17:54
Name = リッキー
都道府県 = 福岡県
MEMO =
参加者の皆さん大変お疲れ様でした。
又、関係者の皆さん大変お世話になりました。
私は今年で9回目の出場(内18回大会は発熱の為約1kmで棄権←せっかく行ったのでスタートだけはさせてもらいました)となりました。
今思えば数名の友人に誘われてイヤイヤ初参加したことを覚えています。(15回大会)
その後は弟も加わり数名でほぼ毎年参加するようになりましたが(19回、23回大会不出場)一人で参加したことは無く、今年が初の試みでした。
更に過去最高体重を抱えての挑戦とあって不安だらけでしたが沿道、スタッフの方々の心温まる応援に支えられ無事完走することができました。
本当にありがとうございましたm(__)m
私は短距離には自信あるのですが(100mは10秒台ですよ(^^)v)マラソンは嫌いです。
ですが、菜の花マラソンは私には不思議な魅力があり、走っている最中は参加したことを後悔しており、次の日の体中の痛みは何故か心地よく、
その痛みが癒える頃には次も参加したいと思うのです。
(他のマラソンでは本当にこんな感覚にはなりません)だから今では私が参加するマラソンはこの大会だけです。
だから来年も是非宜しくお願いします。
目標は10回完走です♪

ちなみに成績は5時間24分とボチボチ(最高4時間44分、最低5時間43分)でした☆

性別 = 男性
年齢 = 30
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 8
関係は = 走った


1/12 THU 02:48
Name = Mr.T
email = tanatanaka@nifty.com
都道府県 = 福岡県
MEMO =
2006年1月8日。
この日、人生28回目の朝を迎えた。

28回目の誕生日に「初マラソン参加(10km)」。
高校時代に一度だけ8kmを走ったことがあるが、それから10年近く経過している。
特に運動をしているわけでもなく体力も落ちているはず。
正直自信はなく、遊び半分で登録したという気持ちもあった。

そして、9時30分にスタートが切られた。
ペースが分からない。
周りの流れに乗り、走っていく。

「遊び半分で登録」したつもりが、「自分との戦い」になっていた。
自分の後ろに影が見えれば「抜かすものか」。自分の前に隙が開けば「抜いてやろう」。
もちろん、思ったとおりに体が動かない事が多々あったができる限りの力は尽くした。

「30歳未満男子10km」で116位。
完走できれば十分だと思っていたのに・・・なぜか悔しい気持ちを持つ自分がいた。
もっと事前に練習をつんでいれば・・。ペース配分がつかめていれば。
達成感は十分感じることができた。指宿のすばらしい空気を感じることができた。
でも、なにか物足りなさが残った

これから経験をつんで、来年はぜひ10kmといわずフルマラソンに参加しよう。

28回目の誕生日から、マラソンへの挑戦が始まったと感じた。

最後に、沿道のみなさんの応援にとても元気付けられました。感謝申し上げます。

性別 = 男性
年齢 = 28
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 1
関係は = 走った


1/11 WED 13:04
Name = hiroaki
都道府県 = 宮崎県
MEMO =
2回目の菜の花を無事、完走してきた。泣っかぶるように苦しかった、しかし楽しかった。
途中、トイレ我慢ができず、沿道の人からテイッシュを貰い、野〇〇したのは初体験だった。
どこかのお母さん、感謝しています
4時間を切れず、数分のオーバーで今回も目標未達、来年こそは・・・。
原因は力不足であることは明白だが、もう一つの原因は最初の5kで32分も費やしたこと。
 それで一言苦言、スタートラインは正直に自分のレベルの位置に並んだのに、最初の10kまで、なかなか自分のペースで走れない、明らかに3時間台では走れそうにない出場者が大勢いて、前を塞いで超スローで走っている。
スタート直後の陸橋の緩い坂で、先にスタートした人がすでに何人か歩いている。
前の走者をかわしたり、すり抜けたり、歩道を走ったりしてようやく32分である。スタートラインでは、自分のレベルの位置に並ぶ呼びかけが何回もあっていたのに、マラソンのマナーを知らない出場者が多すぎる。
自己記録を目指して1秒でも記録短縮したい人がいることも分かって欲しい

性別 = 男性
年齢 = 54
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 1
関係は = 走った


1/11 WED 12:10
Name = せいちん
都道府県 = 福岡県
MEMO = 来年、フルに挑戦するぞ!
性別 = 女性
年齢 = 138
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 2
関係は = 走った


1/11 WED 11:29
Name = シゲちゃん
email = yiwj@orange.ocn.ne.jp
都道府県 = 鹿児島県
MEMO =
鹿児島市内から今回で5回目のフルマラソンに出させていただきました。
大会関係者ならびにボランテイアの方々、沿道で応援してくださった皆さん、たいへんお世話になりました。
ほんとうにありがとうございました。多くの方がおっしゃるようにこの大会はおもてなし日本一の大会で、特に私設のエイドステーションでの飲食はバラエテイがあり、これが楽しみで毎年参加しています。
しかし実はこれがジレンマなのです。 例年ならば人だかりのできているところにはひと通り首をつっこみ、美味しそうなものは必ず口にしてまた次を目指して走るということをやっていました。
おかげでタイムは前々回が6時間10分、昨年は6時間30分と、口では目標6時間以内と人には言っておきながらあまりタイムにはこだわらないで楽しみながら走ろうと自分では決めていました。
ところが今年は天候がよかったせいか、正月からの体重・体調管理がよかったのか、中間地点を過ぎてもいつもなら痙攣しそうになる足が痛くない、マメもできていない。
いままでと違うという感じでした。
そう思ったとたんせっかくのグルメマラソンを断念してしまったのぁw)任后8紊軾韻魄セ・譴觧廚い如・欧・訖庸箸琉z・謄鵐箸魏L椶埜・覆・蕕い・珍把未蠅靴燭任靴腓?・・・外K地点で例年と決定的に違うと感じたのは、まだ走れるという感覚でした。
(というのはいつもならばこの辺から歩きになる。)ちょうど6時間のペースメーカーの方の一団が通り過ぎ、この人たちについていけば目標タイムがクリアできるかもと思うといっきに元気が出てきました。指宿温泉街に入る左折の下り坂地点で6時間まであと40分。
ガンバラナイと決めていたはずなのに、痛み出した足を引きずるように走り続けていました。ゴール時点で公式タイムは5時間58分。
自分の時計ではスタートラインを出るまでのロスタイムを除くと約5時間50分。5回目のエントリーではじめて目標タイムをクリアしました。とてもうれしかった。
でもやっぱり後悔も残った。自分は楽しもうと決めていたのに、実際に走るとどうしてタイムにこだわるのだろう? 苦しい方を選択してしまうのだろう? 
もっと楽にたのしく走ればいいんじゃないか。だって沿道でハイタッチで応援してくれる子供たちにも答えられなかった。
美味しいご馳繊w)・鮟猗・靴討・譴討い觧篝潺好董璽轡腑鵑里、犬気鵝?、个気鵑燭舛砲ホ蕕盡世┐覆・辰拭・修譴破・C覆里・△海譴呂コ廚蠅覆里澄・發辰罰擇靴泙覆韻譴弌・・・魯泪薀愁鵑龍サ纂圓任發覆韻譴侈槁献織ぅ爐鬟・螢△靴燭・蕕箸い辰討覆砲・緩・・・發蕕┐襪錣韻任發覆ぁ5n燭呂い泙泙任念貳屬いぅ織ぅ爐鮟个擦燭韻桧セC・┐鵬燭・困貶、鬚靴討靴泙辰燭茲?粉恭个・弔辰討い泙后L斉セ・蕕泙織肇譟璽縫鵐阿鮑導・靴泙后・祐嵒垰弋弔覆發里如△い辰燭麑槁献織ぅ爐鬟・螢△垢襪藩澆・个討C突菁・發修離織ぅ爐茲蠑紊鯡椹悗靴徳・襪鵑任靴腓?・∈G・里茲?碧困貶、呂靴覆い茲?砲靴燭い隼廚い泙后・修里燭瓩砲呂發辰販・・靴突祥気鮖・辰徳・譴襪茲?覆覆蕕覆い箸い韻覆い鵑任靴腓?諭M菁・睇・坐・蠅泙后∨困貶、鮟?い帽圓C泙后・泙燭茲蹐靴・エ蠅い靴泙后・・w)
性別 = 男性
年齢 = 45
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 5
関係は = 走った


1/10 TUE 22:39
Name = ふくりゅう
email = fukuryu@po.bunbun.ne.jp
都道府県 = 佐賀県
MEMO =
ハーフは5年間に10回ほど走歴があるものの、フルマラソンは今回が初めて。
体重87Kgの47歳が「元自衛官」の肩書を証明するために無謀な挑戦。
1km8分で走りきれば6時間は切れる、ぐらいの消極的な目標でスタート。

おっとどっこい、走り出したら1Km7分ペースで行けるじゃないか。
終わってみれば「5時間1分29秒」自分の時計では4時間台でゴール。
早速、自宅に完走報告。「やったね!」携帯の向こうから家族の歓声。じ〜ん・・・

自分なりにがんばった練習の日々。その成果が最後まで足を動かしてくれた。
努力は私を裏切らなかった。逆に練習していなかったらと思うと「ぞ、ぞ〜」

まさに「千里の道も一歩から」1歩ずつコツコツと42,195mの積み重ね。
どの一歩が欠けても完走はできない。人生そのもの。

沿道の住民の方々から「がんばれ〜」の声援。
応援の声がこんなに力を与えてくれるなんて、この年になって初めて知った。
ありがたい。ひたすら感謝。

今のところ、来年も走りたいと思っていますのでよろしく。


性別 = 男性
年齢 = 47
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 1
関係は = 走った



1/10 TUE 21:26
Name = せつこかあさん
都道府県 = 福岡県
MEMO =
10kmには3回出場していて、いつかはフル!と思っていましたが、今年遂に挑戦しました。
主人は今年でフル6度目だったので、記録は今回は諦めて伴走してねと頼み、二人で走りました。
40歳になってからマラソンを始め、暑さに弱いので夏場はいつもお休み期間で、向上がないまま次のシーズン突入を繰り返してましたが、今年は違うおかあさんになるっと週に2回だけですが、市の体育館トレーニング室へ夏も通って(だって冷房あるし)、筋肉付けてみました。
週2回とは言っても、仕事から帰って夕飯を作って子供と食べて片付けてからなので、正味50分程度で閉館時間になってしまい、こんなんでいいんかなとは思っていましたが、わりと筋肉付くもんですね。
山川港の急な下り坂までは、7〜8分/kmペースで走ってどこも痛くありませんでした。でも、あの坂できました・・・。
でも、主人は「おらおら!いくぞ」と行ってしまうので、何とか付いて行き、既に歩いている沢山の人をごぼう抜きしてしまいました。(ちょっといい気分でした)
その辺りで、背中に「6時間」とか貼っている人を発見し、きっとペースメーカーみたいな役目の人なんだと思い、悔しいので追い抜かし、さらにペースを上げて5時間50分でゴールしました。
地域の方やエイドポイントの方々には、本当にお世話になりました。
走って苦しいのに楽しい気持ちってすごいって思いました。みなさんのお陰です。
来年は5時間を切れるようまた筋肉付けてみます。

性別 = 女性
年齢 = 43
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 4
関係は = 走った


1/10 TUE 16:20
Name = ryotsuna
都道府県 = 岡山県
MEMO =
今回で3回目の菜の花フルマラソン。しかしながら記録の飛躍的更新はなく、いつも同じようなタイム。
(5時間弱) 最初よりは走っている距離は伸びたものの、年と共に走る速度は落ちてきているような感じ。
そしていつも最初に歩いてしまうのが30km前の急坂と35km以降延々と続く港沿い。
う〜ん どうやって克服すればよいのだろうか?また一年やり直し。
スタミナを付けるしかないのかな?58歳のお袋が4時間30分でノンストップで走る。
62歳の親父が5時間30分で走る。すごい・・・。頭が下がる。
「継続は力なり」か・・・・。どなたかアドバイスくださ〜い。
性別 = 男性
年齢 = 36
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 3
関係は = 走った


1/10 TUE 14:47
Name = やまもと まさゆき
都道府県 = 山口県
MEMO =
国民休暇村指宿を、大会翌朝5時に起床。ランニング姿で少し痛む足を引き摺りながら「感謝ラン」スタート。
風が冷たく頬を刺す。小旗が”ひらひら”舞う。
ゴールの門柱がヨタヨタランナーをたちを、未だ待ち受けているかのように、気丈だに手を差し延べている。
昨日は見落としていた沢山の「菜の花」がこんなにも綺麗だったのか・・と再発見。
 街灯と靴音だけが朝の温泉ロードに響く。街路樹に屯し就寝していた小鳥達を靴音で驚かし 一斉に飛び立つ。行く手のふと、道路沿いに白い湯気が湧く、「足場湯」である。
市民の奉仕施設だ。しばしの立ち止り心からの優しさに出会う。
「指宿大劇場」与えてくれたこんな老衰ランナーの主役場面。嬉しい・・・。
脳裡快感一杯の朝ランだ。何時の間にか「いわさきホテル」までも来た。
アアソウソウ昨日は此処からが正念場だった。あの苦しみも、モテナシ市民の沢山の声援にかき消され、むしろ大きな英気に変身だった。
有難う! 「指宿の沢山の市民の皆さん」  そして頑張った自分に乾杯を! 

25回大会の成功をお祝い申し上げます。次回は是非「大会会長」の」氏名を忘れずご記入してね。

性別 = 男性
年齢 = 67
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 3
関係は = 走った


1/10 TUE 11:54
Name = キーボー
都道府県 = 宮崎県
MEMO =
またまた、大会関係者の皆さん、それから地元の応援してくださった皆さん!完走できました。ありがとうございました。というのも、昨年末に、地元の大会で膝を故障してしまい今大会あきらめようと思ってたんです。でも、友人が「一緒に走るから」と応援してくれたのもあり、参加しました。毎年のことですが沿道の皆さん、スタッフの皆さんの応援には励まされます。友人に感謝しなくちゃ!膝はかなり痛かったです。でもゴールまで走ることできました。昨年より20分もおくれましたが、感無量でした。ゴールで手を出して「おめでとう」って言ってくださる方がいました。あれって超嬉しいですよ。今日はまだ膝がかなり痛みます。でもこれで一年のスタートきれたんで、一年頑張ります。そして来年もいきますよ〜(~o~)
性別 = 女性
年齢 = 40
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 6


1/10 TUE 11:12
Name = けいいち
email = s10taiya-d@s2.dion.ne.jp
都道府県 = 鹿児島県
MEMO =
みんなに無謀と言われ、少しの意地と勢いで応募した人生初のマラソン!
そして自分でも無謀と思えたフルマラソンでの出場!
練習もそこそこに大会の日を迎える。
例年に無いほどの天気の良さと言うことで、テンションもひたすら上がる♪
普段、ゆっくり見ることの無い池田湖や開聞岳の麓と、ここまでは良かった...
25キロを過ぎ、30キロを越えた次点からのすごい疲労感、そこからの、たった一歩の足が前に出せないもどかしさ....
ふと思いました、これだけキツイ思いしてなんで走ってんだろと....
手を挙げてしまえばすぐに選手回収車がやってきて、ゴール地点まで乗っけて行ってくれるのに....
ホント、ここに集まる人たちって "M" だな...と 笑
山川の海岸沿いを回り、上り坂を登りきったとき、すでに18時をまわろうかと言うときには、辺りは暗くかなりの孤独感感じ、危機感を感じ始めリタイヤを決意しました。
あのときに自分を見つけてくれたドクターカーの方、本当に感謝で一杯です。
差し出された缶コーヒーがあんなに暖かく感じたのは初めてかも(^^;
そしてマラソン自分の初マラソンが終わり、その日、次の日とすごい筋肉痛に悩まされ、今日になって幾ら体が楽になってくると、来年に向けて練習しよう! とマラソンに向き合う自分がいます。
そうやって自分も "M" の道に染まっていくんだな....
菜の花マラソンは凄いでしたよ! いろんな意味で!!
人の温かさと、自分の限界、自然のデカさと怖さ、全て教わりました (^^;
初出場でTシャツでの出場は無謀です.....
最後に一つ、大会実行委員会の方々、ボランティアの方々、コースの先々で暖かい声援を送ってくれた方々、ありがとう!
来年も必ずこの地に帰ってくるぞ! 今度は完走だぁ!!!!

性別 = 男性
年齢 = 30
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 1
関係は = 走った


1/09 MON 20:55
Name = でめきん
都道府県 = 鹿児島県
MEMO =
昨年、体調不良で出られず、1年振りの参加です。
今回は、練習はまずまず出来たのですが、12月中旬に右足を痛めて、さらに下旬には風邪をひきかけてから、なかなか走れなくなったまま当日を迎えてしまいました。
当日は、足に湿布とサポーターをつけて走りましたが、いつもの走りが出来ずに、ペースを落とさざるをえませんでした。それでも、ゆっくり走って行こうと思いましたが、10キロの手前で歩いてしまい、それからは、走っては歩きの繰り返しでした。
おまけに風が冷たくて、歩くと寒さが身に凍みました。
さらに、30キロを過ぎてからは足に痛みがきて、サポーターを付け直したりすることが多くなり、この頃からは歩いては止まりの連続でした。
寒さと痛みで、選手収容車が通るたびに何度「乗ろうか…」と思いましたが、ここまで来たら「体力勝負ではなく気力だ、己に勝てるかが勝負だ」と自分に言い聞かせて、ゴールを目指しました。普通に歩いていたのでは制限時間に間に合わないと思い、早歩きで行くことにしました。
周りの応援も力になって、指宿の温泉街に入ってからは、体中痛いのを我慢して競技場までノンストップで走りました。
目標より25分ほど遅くなりましたが、無事に完走出来ました。
最後に、寒い中でランナーをサポートしていただいたスタッフの方々や、応援していただいたボランティアの方や沿道の方、本当にありがとうございました。
また来年も出ます。

性別 = 男性
年齢 = 30
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 4
関係は = 走った


1/09 MON 14:00
Name = まっちゃん
email = qryty189@ybb.ne.jp
都道府県 = 鹿児島県
MEMO =
また,菜の花出るの?  出るよ。 そんなやり取りのあった年末のひとコマ。
今年も,菜の花マラソンに出場しました。
しかし,年末に足首を痛めて,思った練習もできずに,テーピング巻きの状態で走りました。大会参加の人数を見ると,痛いと言うよりとにかく完走したいということしか考えませんでした。
前半ペースメーカーに付いて行きながら,いい状態で走れました。
足首の痛さもなくこれなら坂道も行ける。いいぞ。
池田湖を過ぎ,坂を登って開聞山麓にかかった途端,足に激痛が走りました。靴を脱ぐと
テーピングずれやマメができていました。痛めたところもはれていました。
走りが歩きに変わり,人がどんどん抜いていく。悔しさいっぱい。自然に涙が出てきました。初めてやめようか。バスに乗ろうかと思いました。でも自然に足は動いているので
もう少し,もう少しと言って歩きました。
がんばってね。と声援を送る方々。食べて元気を出してと差し出される食べ物や飲み物。へこんだ気持ちに喝を入れてくれました。ありがとう。
記録は,自己ワーストでした。くやしくて,悲しくて、励まされて,いろんな思いが凝縮した菜の花マラソン。来年,みていろよ。

性別 = 男性
年齢 = 35
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 5
関係は = 走った



1/06 FRI 17:18
Name = TAKA
都道府県 = 佐賀県
MEMO =
菜の花マラソンで、数年前に風邪で棄権して以来、年始は風邪をひいてしまいます。
今回も年末から風邪を引きそうなのを騙し騙し来ましたが、1月3日に発熱。
まだ体がだるいけど、当日までには何とか・・・・。
ツアーはキャンセルしていないので、行くのは行きます。
行ったからには、余程じゃない限り走ってしまうんですよねぇ。

性別 = 男性
年齢 = 37
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 4
関係は = 走った


1/06 FRI 00:29
Name = TAEKO
都道府県 = 福岡県
MEMO =
40代にして初めてのフルマラソン挑戦です。
あと残すところ3日というところまで来て、予定していたダイエットは失敗し、トレーニング不足を後悔し、おまけに風邪をひいてのどが乾燥しています。
あぁ・・・・完走できるのだろうか・・・と不安が一杯です。
もともとおいしいものが一杯という誘い文句に釣られただけなのだから、気楽に走ろうと言い聞かせるのですが、何だかドキドキしてきました。
初めての参加の時って、みんなこんな気持ちなのかなあ・・・

性別 = 女性
年齢 = 45
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ない
参加回数 =
関係は = その他


1/03 TUE 22:32
Name = トシ
都道府県 = 山口県
MEMO =
山口県の東のはてから仲間と参加して、今回が10回目です。
今回も楽しく走ろうと思います。帰りは温泉で疲れをいやして、リフレッシュして
帰ります。楽しみな大会です。

性別 = 男性
年齢 = 53
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 10
関係は = 走った


12/20 TUE 20:29
Name = 香川がんばり男
都道府県 = 香川県
MEMO =
年の始まりは菜の花マラソンで明けます
坂を上り詰めると池田湖が開け、その先には開聞岳が見通せる
この感激を楽しみに今回も参加します
できればタイムも自己記録を更新できれば最高です
24回大会はゴール直前の突風で足が止まることしきり
さあ今年は4時間をきるぞ!!
        (59歳)

性別 = 男性
年齢 = 59
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 5
関係は = 走った


12/17 SAT 21:50
Name = もうすぐ50歳
都道府県 = 鹿児島県
MEMO =
前回は30`からの大幅な失速 いつになったらゴールできるのか?
山川駅からの延々と続くのぼり坂 周りのランナーもみな苦しそう
走ってるランナーも歩いているランナーも、ほとんどスピードの違いは無い
ただひたすら足元を見ながら、足を進めるだけ
沿道の人たちから、後少し 後少し 声援を貰うが、足は動かない
かろうじてサブ4達成
前回の終盤の苦しい思い出でした
今回は、練習して来ました
ハーフ2回 青島太平洋マラソンフル 快調に快走
目指せ (出るかな?)3:30 笑顔でゴールします

性別 = 男性
年齢 = 49
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 3
関係は = 走った


12/12 MON 00:31
Name = かっちゃん
email = k-nakamu@kd5.so-net.ne.jp
都道府県 = 長崎県
MEMO =
16回大会がマラソンデビューでした。
その後、トライアスロンや自転車レースにも取り組むようになりました。
しかし、今年の宮古島のトライアスロンで自転車競技中に事故に遭い、入院、リハビリ、転職、そして九州へのUターンといろいろありましたが、
無事にNAHAマラソンで復活しました。
久しぶりの指宿菜の花マラソン。
もう一度原点に戻って、自分を見つめ直したいです。

性別 = 男性
年齢 = 31
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 3
関係は = 走った


12/04 SUN 13:53
Name = まっちゃん
email = qryty189@ybb.ne.jp
都道府県 = 鹿児島県
MEMO =
また,参加申込書が家に届きました。
来年どうしようか,迷うことなく申し込みをして練習(?)らしきものを始めました。
自分への挑戦状・年齢への挑戦状・年の初めの試し事。
それぞれに考え方はあるけれど,自分のできる範囲内でがんばります。
大挙して参加した前回。今度は,それそれ各々の事情があり,少数精鋭で臨みます。
これから時期は年末年始,練習に色々と支障(?)らしきものがが出てくることがあるけれど,
それはそれで・・・・。(爆笑)
菜の花香る道を,暖かな1月の指宿路を,たくさんの沿道の声援を受けながら,頑張ってみよう。

また何かを見つけられるかもしれない。何か感じ取れるかもしれない。

そんなことを思いながら・・・・。

性別 = 男性
年齢 = 35
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 5
関係は = default


12/01 THU 14:42
Name = M-NON
都道府県 = 鹿児島県
MEMO =
今日から12月。今年もついに最後の月になりました。
年を越せばいよいよ菜の花マラソンの時期です。
自分は今回の大会が3回目の出場になります。
今回の目標は”4時間以内”現在は、休みの日にトレーニングをしています。
昨年・今年と会社の人、親戚等に「一緒に出ない」と聞きましたが、返事は”NO ”今年も1人の参加になりそうです。
人は「何で走るの?。」・「何が楽しいの?」と聞きますが、それは走った人にしか分からないあの達成感!!。
年の初めに頑張れれば、その年一年どんな事にも耐えられる。
何よりも、同じ苦しみを味わう仲間。
見ず知らずの人が声を掛け合い、励ましあう。
自分がこの大会が好きなのはそんな温かいところです。
その思いで今回も頑張ります!!。
1/1に市町村合併で新しい街となる「指宿市」を皆さんと駆け抜けましょう。

性別 = 男性
年齢 = 23
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 3
関係は = 走った


11/10 THU 23:48
Name = てつ
email = tetsu_42195@yahoo.co.jp
都道府県 = 宮崎県
MEMO =
やあ。久しぶりだね。3年ぶりかな。
いつも幹事だった僕がうつ病になんかなっちゃったから、恒例の「菜の花マラソン参加ツアー」も中断したまんまだったしね。今度の大会は、別のメンバーが幹事を買って出てくれたおかげで、僕も久しぶりに参加する気持ちになったよ。
何より、ここに来れば君に会えるんじゃないかって思ってさ。

話を聞いた時は、それは驚いたよ。君も、心を病んでたなんてさ。
僕達は、同じ時期に心を病んで、同じように悩んでたんだ。
僕は、運良く、快方に向かっている。
けれど、君は逝ってしまった。
その差は、ほんのちょっとした差でしかない。ほんのちょっと、運命というか、タイミングというか、歯車みたいなものがかみ合わなかったから、君は命を落とすことになってしまった。
僕だってどうなってたか分からない。ただ紙一重の差で、命を永らえた。救われた。
ショックだったよ。あの快活な君が命を落として、僕は生きている。
生きている僕は、逝ってしまった君に何もしてあげることができない。
何をしても虚しい。

せめて君にもう一度逢いたいと思った。
年に一度、必ず、「菜の花」で再会していたよね。一緒に42.195kmを走り、その晩は飲んで語り明かしたよね。翌日は、唐船峡でそうめん食べて帰るのが恒例だったよね。

まだ僕のうつは治っていないけど、君に逢いに行くよ。
42.195km、君の面影を探しながら走るよ。
満開の菜の花の中に、きっと君を見つけられると思ってる。
当日を楽しみにしてるよ。

性別 = 男性
年齢 = 35
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 6
関係は = 走った


11/03 THU 22:40
Name = 上田英司
email = eichan5152004@yahoo.co.jp
都道府県 = 熊本県
MEMO =
21回大会より 出場しています 今年こそは 10時間をきるぞ と いきごんでおります 体重も 8kg 落としました 4回 出場で 完走証 が 8枚 に なりました 今年 はもう ケナフの 完走証 は いりません ガンバル ゾウ
性別 = 男性
年齢 = 54
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 5
関係は = 走った


10/15 SAT 13:06
Name = 櫻木 準一
email = sakuragi@keps.co.jp
都道府県 = 福岡県
MEMO =
 現在の体重91Kgのデブがはじめて菜の花マラソンに挑戦します。北九州市戸畑地区に在籍の「チーム河野」という走る超人達が集まる会の仲間に入り、サポーターを努めていましたところ、この集いに蔓延しています「走菌」に私も犯され、今年の4月よりマラソンを始めました。大会は山口萩往還の35km、9月の国東マラソン50kmの2回に参加しました。所要時間は不問に願いますが、爽快な気分を味わうことができました。こんなにも全国規模で「走菌」の保菌者がいるとは本当に驚きです。菜の花マラソンは1万人を超える大会だそうですので一万を超える走菌の顔に会えると思うと今から興奮します。しっかり日々練習を積んで楽しい走りをしたいものです。皆さん!!デブの新人ですが見かけましたらお声を掛けてください。宜しくお願いします。
性別 = 男性
年齢 = 53
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ない


10/10 MON 22:38
Name = やす
都道府県 = 福岡県
MEMO =
今年は4時間で走ろう
誰か一緒に行きませんか?
性別 = 男性
年齢 = 35
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
関係は = 走った


10/10 MON 21:37
Name = まさゆき
都道府県 = 山口県
MEMO =
「定年」から時間つぶしで始めたランニング。誘われて3回目の「指宿マラソン」今年も67歳の勇姿は薩摩の風を切る。鈍足で自己新は続く、指宿で教えられた数々。沿道の人懐こい応援、苦悶の中から人生のB面発見。ゴールで汗を拭く真似してごまかした涙、優しいあんまサービス。年賀状で送ってくれた少女、行き届いた沢山のスタッフ、黄金色に輝く「菜の花」。指宿は人の足先から頭の脳みその中迄、大掃除をしてくれる。
大会まで後90日、寄る年波に、脚、足、腸腰筋、踵が順番に痛む。騙しごまかしの日々。
性別 = 男性
年齢 = 67
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 2
関係は = 走った


10/01 SAT 22:10
Name = MA
都道府県 = 鹿児島県
MEMO =
今日,申込書が届きました!もうそんな時期なんだなぁと,時の早さを感じます。今まで3回出場していますが,毎年,練習なしで参加して来年こそは練習しよう!と思い,今年もそろそろ・・・と思っています!誰かいっしょに練習してくれる人がいるといいんですけどね。それにしても,今年もどんな出会いがあるか楽しみです!とりあえず,今年の目標は6時間以内!
性別 = 女性
年齢 = 23
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 4
関係は = 走った


9/11 SUN 10:04
Name = HK
都道府県 = 鹿児島県
MEMO =
第25回いぶすき菜の花マラソン大会(1月8日)に向けて今月に入ってから練習を始めています。今年5月に右側のお尻からふくらはぎにかけて鈍い痛みがあり、病院で診てもらったところ腰のヘルニアと診断され、ずーっと練習ができない状態でした。今でも痛みは残っていますが、このままでは取り残されそうな気がした為、思い切って始めることにしました。連続3回目のフルマラソン出場となりますが昨年は7時間台、今年は練習の成果があり4時間台でした。来年はもっともっと練習を積んで3時間台を目標に頑張ります。皆さんも一緒に頑張りましょう!!!
性別 = 男性
年齢 = 38
いぶすき菜の花マラソンに出場したことは? = ある
参加回数 = 2
関係は = 走った


菜の花が咲いた。。。原稿募集ページへ
菜の花マラソンのホームページへ